職種の壁を超えた「教える」コツを磨く医療的ケア教員講習会(喀痰吸引等研修教員講習会)

お申込み

介護福祉士の業務内容に喀痰吸引等が追加され、介護福祉士国家試験でも医療的ケアが必須になりました。厚生労働省の指定する医療的ケア教員講習会喀痰吸引等研修教員講習会)を修了することで、実務者研修医療的ケア担当講師や、喀痰吸引等研修の指導看護師になる資格が得られます。

医療に携わってきたあなたのキャリアを「教員」というかたちに展開させませんか?

教員として活躍することはもちろん、講習会で磨いた指導力は、リーダーとして後進の指導にも役立ちます。私たちの講習会では、実践に即した「教えるコツ」を伝授します。

資料(参考:2021年1月開催済)

一般社団法人知識環境研究会[教育会]は、「1日で修了する、職種の壁を超えた教えるコツを磨く 医療的ケア教員講習会」(喀痰吸引等研修教員講習会)(厚生労働省指定講習会)を東京都内で開催いたします。


1.医療的ケア教員講習会の開催概要

医療的ケア教員講習会喀痰吸引等研修教員講習会)(厚生労働省指定講習会)は下記要領で開催いたします。

1.1.医療的ケア教員講習会の開催日

1.2.医療的ケア教員講習会の会場

  • 会場は、東京都内の「読売理工医療福祉専門学校」(新校舎)です。
    (所在地:〒112-0002 東京都文京区小石川1-1-1)
  • 東京メトロ「後楽園」駅および都営三田線・大江戸線「春日」駅の7番出口から直結です。
  • JR「水道橋」駅から徒歩9分です。

1.3.医療的ケア教員講習会の対象者

  • 看護師または医師、保健師、助産師の資格を取得した後、5年以上の実務経験を有する方。


1.4.講師

佐々木 由惠(監修)

日本社会事業大学教授
(看護師、助産師、社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員)


1.5.修了証

  • 医療的ケア教員講習会喀痰吸引等研修教員講習会)の修了者には、厚生労働省が定めた様式による「医療的ケア教員講習会修了証」を交付します。

1.6.医療的ケア教員講習会の位置づけ

  • 平成23年6月22日に「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律(平成23年法律第72号)」交付され、介護福祉士が喀痰吸引等を担うことになりました。これにしたがい、介護福祉士国家試験に医療的ケアの内容が追加されました。
  • 医療的ケアの教員要件については「社会福祉士介護福祉士養成施設指定規則(昭和62年厚生省令第50号)」および「社会福祉士介護福祉士学校指定規則(平成20年文部科学省、厚生労働省令第2号)」で定められています。
  • 介護福祉士養成施設等で医療的ケアを教授する教員は、「当該教育内容を教授する教員として必要な知識及び技能を習得させるために行う講習会であって、あらかじめ厚生労働大臣に届け出られたものを修了した者」(その他、その者と同等以上の知識及び技能を有すると認められる者)とされています。
  • この「当該教育内容を教授する教員として必要な知識及び技能を習得させるために行う講習会であって、あらかじめ厚生労働大臣に届け出られたもの」が「医療的ケア教員講習会」です。また、教員講習会の受講資格は、医師、保健師、助産師または看護師の資格を取得した後5年以上の実務経験を有する者であることが求められています。

1.7.医療的ケア教員講習会修了者の声

修了生の感想(2021年1月更新)
  • 研修内容は具体的で分かりやすかったです。特に質問に対し、丁寧に答えていただけたことに感謝です。
  • 久しぶりに研修に参加して、先生方からの情報をinputできて充実しました。もう少し時間を割いて聞ければと思いました。
  • 医療者でない人が医療行為をする難しさを具体的に話されていた。
  • 手順通りに記憶して、実施することの難しさを、再確認しました。(学生以来だったので)
  • 介護職と看護職の患者様(利用者様)に対する視点の違いに驚きました。その認識の差をどのようにお互いがすりあわせていくか、永遠の課題かなと思います。
  • 改めて医師の指示の下、清潔に留意し、医療的ケアを実践することは”慣れ”では済まされないことだと再認識させて頂きました。「以前にやっていた」「聞いた」は根拠がない為、確実にチェック項目準に行っていく。
  • 講師の方が一人一人にお声かけ頂き、意欲が出てきました。ありがとうございます。
  • 先生の説明の仕方が楽しく、最終まで集中できた。
  • 普段から行っている技術だったが、再度基本に戻り、手順通りに行うことに対し、責任感の大切さ、他の人に指導していく難しさを痛感した。
  • 介護に携わる方々の教育は、それぞれで大きく異なっているという事実について少し理解することができた。看護師として、介護に携わる方々に対する姿勢を変えていこうと思った。
  • 実際自分で行うのと、他の人へ教えるとの違いが思っていたより難しいと思った。
  • いつも何気なく行っているケアについて、確認しながら順序も覚えられて良かったです。
  • とても良かったです。システムについて理解できました。
  • 今日は本当にありがとうございました。この短時間に、はじめて聞く内容や、介護職さんの可能性などを学ぶことができました。
  • 介護職の背景についてよく理解できた。
  • 何気ない手技を基本にのっとって教えることが大事だと理解した。
  • 演習ができて良かったです。
  • 先生のお話、わかりやすく、楽しかったです。先生の講義をまた聞きたいです。
  • いろいろな職場の方たちと情報交換できたことがよかった。
  • 佐々木講師の話がとても良かったです。何度も報告すること、確認することが印象的でした。
  • 今まで、介護職員さんができないといっていたことが、いくつも医療的ケアとして可能性があるということを知って、本当にびっくりしました。又、私でも介護士さんのスキルアップのお手伝いができる可能性があることをうれしく思います。
  • チェッカー役が、チェック項目を実施者が適切にできているか確認するのが難しかった。
  • それぞれの方の自己紹介を含め、先生のお話はうれしく拝聴させて頂きました。
  • 介護職の業務が拡大され、責任も重くなっている中、教育体制があってもあいまいなので、現場に入ったときに困ることや不安、心配が大きいのではないかということと、逆に、こわさを知らずに従事してしまう可能性があると思うので、それをふまえて講習にのぞむことが必要だと思った。


2.医療的ケア教員講習会の時間割

  • 医療的ケア教員講習会では、講義4コマと演習2コマを学びます。1日で完結する内容です。
  • 時間割は次のとおりです。会場は9:15に開場します。

医療的ケア教員講習会喀痰吸引等研修教員講習会)時間割
時刻 科目 内容
9:30~10:30 制度の概要 制度の概要について
10:30~11:30 医療的ケアの基礎 感染予防、安全管理体制等についての基礎的知識
11:30~12:30 休憩
12:30~13:30 喀痰吸引 喀痰吸引についての基礎知識、実施手順、指導及び評価方法
13:30~14:30 経管栄養 経管栄養についての基礎知識、実施手順、指導及び評価方法
14:30~16:00 喀痰吸引 演習 喀痰吸引の演習に係る指導・評価方法
16:00~17:30 経管栄養 演習 経管栄養の演習に係る指導・評価方法


3.学費

  • 医療的ケア教員講習会の学費(教材費等含む)は次のとおりです。
  • 学費(教材費含む)

    18,000円(税込)

  • お申込み後、2週間以内を目安に銀行振込にてお支払いください。
  • 開催直前でも、ご連絡をいただければキャンセル料はかかりません。欠席された場合には全額ご返金いたします。


4.次回の開催に関するお問合せ

  • 下記のフォームよりご登録ください。開催日程等、詳細が決まり次第、お知らせいたします。

お名前 [必須]

フリガナ [必須]

メールアドレス [必須]

メールアドレス確認 [必須]

電話番号 [必須]

ご住所(都道府県もしくは政令指定都市) [必須]

ご質問・お問合せ他

個人情報保護方針

上記のお問合せフォームから情報を送信する前に下記の「個人情報保護方針」をご一読の上、同意いただける場合、「同意する」にチェックをお願いします。

(1)個人情報の利用目的
いただいた個人情報は、研修運営のためにのみ使用します。
これらの情報を第三者に開示、提供することはありません。

(2)個人情報の取扱いについて
個人情報は第三者に漏洩することのないよう厳重に管理します。
個人情報の紛失、毀損、改ざんおよび漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
外部への持ち出し、送信等により個人情報を漏えいさせないよう、対策を講じます。

(3)個人情報の取得について
お申込み・お問合せの際、必要に応じてお名前、メールアドレス、その他の個人情報のご提供をお願いする場合があります。

(4)開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について
個人情報の取扱いについて、ご意見、ご質問等のお問合せがございましたら、次の連絡窓口にご照会ください。 連絡窓口電子メールアドレス:info@ackk.or.jp


5.医療的ケア教員講習会についてのお問合せ

医療的ケア教員講習会についてのお問合せは 一般社団法人知識環境研究会[教育会]までご連絡ください。

一般社団法人知識環境研究会[教育会]
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-11-22
電子メール:info@ackk.or.jp
TEL:03(3252)2472
FAX:03(6779)4703

上へ